新人研修が終わり、現在はソフトウェアの開発に携わっています。学生時代は情報系の勉強をしてきたので、多少の基礎知識はありましたが、知らないことや正確に理解できていないことが日々多く見つかります。そのため、わからないことは自分で調べるか、先輩に聞くなどして日々勉強する姿勢が求められます。よく相談に乗ってくれる先輩方も多いため、気兼ねなく相談することもできます。また、実際の業務はチームで進めていくため、先輩方の仕事の進め方を見て学ぶ姿勢も求められます。入社してからすぐはとても緊張していましたが、明るい人が多いため、会社の雰囲気にも慣れ、次第に緊張もほぐれていきました。堅苦しくなく自由な社風のため、仕事のしやすい環境ではないかと思います。
「開発」というと、プログラミングの力が重要視されていると思う方も多くいると思います。しかしそれ以上に大事なのはコミュニケーションを取る力です。よく言われる「報・連・相」ができないと、自分が参加したプロジェクトに様々な損失を生じさせ、延いては自分の信頼度にも大きく関わることになります。しかし初めはどのように伝えれば伝わるかというところで躓くかと思います。そのようなときに、挑戦した結果を認め、躓いた原因を一緒に探り出し、改善のために良い方向に導いてくれるのがこの会社の先輩たちです。何もかもが初めてで、不安に思うことも多々ありましたが、先輩たちのサポートのおかげで不安も解消されていきました。ITは日進月歩の世界です。短期間で技術革新が行われていますので、向上心を持って新しいことを学ぼうとする人材が求められます。フォレステックは、そんな常に学ぶ姿勢を持った人の声をしっかりと聴き、応援してくれる会社です。
ソフトウェア開発のイメージが強い会社ですが、サーバ構築なども部署によっては行っており幅広い分野で業務を行っております。私も最初は開発から入って、現在はサーバ構築を行っており、開発とはまた違った面白さを日々感じております。WindowsはGUIでの操作が基本ですが、UNIX系のOSはCLIでの操作が多く、数多くのコマンドを覚える必要がありGUI操作に慣れている自分にとっては何もかもが初めてで正直不安ではありましたが、先輩方のサポートもあり、今ではその不安も解消されました。プライベートの面では、フォレステックは社員同士での飲み会が多く、仕事以外の面でも相談に乗ってくれる先輩がたくさんいます。上司と部下というと硬い感じがしますが、フレンドリーな方が多くとても仕事がしやすい環境です。
ソフトウェア開発ではUnix、Windows、スマートフォン向け、言語もさまざまで、プロジェクトが変わるごとに学ばなければならないことも多く、自ら新しい知識を学ぼうという意欲が必要です。もちろん上司や社員同士でサポートしあいチームで仕事を進めていくので、わからないことは同僚に聞くことができます。頑張った分だけ自分の成長が実感できる仕事だと思います。フォレステックは自由な社風なので休暇も取りやすく、旅行などでリフレッシュできるのが良いです。技術発表会や飲み会もありメリハリをつけて仕事が出来る環境です。